コロナ禍体制のマラソン大会の参加費

次レースが決まりました。おかやまマラソンに一般枠で当選したので出場できることになりました。妻と相談した上でエントリー。岡山県の一般層もワクチン接種が始まったので、11月には、状況改善しているんじゃないだろうかと思います。それでもダメならまぁ仕方がないことです。

ほかの大会の流れに漏れず、参加者減&参加費UPです。
2019年 10000円(15000人)
2020年 11000円(15000人) 中止
2021年 14000円(12000人)

こうやって見ると、思ったより極端に値上がりしていないように思います。2020年が11000円 x 15000人=1.65億円なのに対し、今年2021年が14000円 x 12000人=1.68億円なので、ほぼ同じくらいと言ってもよいレベルです。
種々の感染症対策がかかる費用は、エイドなどのサービス縮小で補填するのかなぁと、勝手に想像してみたり。

ほかの大会の参加費の相場ってどうなのだろうと思って、調べてみました。2年ほど前に、マラソン大会のエントリー時期と抽選/先着をまとめたことがあったので、それを元に各マラソン大会のWebページを巡回して調べてきました。

オンラインレースを公表しているレースは表から削除しています。こちらです。

レース日大会参加費人数
10/17東京16500円+6800円24700人
10/31金沢16000円10000人
11/7富山12500円10000人
11/7下関(山口)16000円5000人
11/14岡山14000円12000人
12/12奈良16000円8000人
12/12青島太平洋(宮崎)13500円9200人
2/5,6 (ハーフ)丸亀(香川)10000円7000人
1/30愛媛13000円10000人
2/20神奈川湘南8月更新予定8月更新予定
2/20北九州(福岡)詳細未発表詳細未発表
2-3海部川(徳島)次回大会未更新次回大会未更新
2-3高知次回大会未更新次回大会未更新
2-4姫路(兵庫)次回大会未更新次回大会未更新
2-4総社(岡山)次回大会未更新次回大会未更新
2-4静岡次回大会未更新次回大会未更新
2/27大阪・琵琶湖(大阪)23000円20000人
3-1篠山(兵庫)次回大会未更新次回大会未更新
3/6東京9月更新予定9月更新予定
3-1鹿児島次回大会未更新次回大会未更新
3-2鳥取次回大会未更新次回大会未更新
3-3 (ハーフ)福山(広島)次回大会未更新次回大会未更新
3-3徳島次回大会未更新次回大会未更新
3-4佐賀次回大会未更新次回大会未更新
3-4東北風土次回大会未更新次回大会未更新

コロナ前は都市型マラソンって、大都市を除くと10000-12000円が標準的かなと思ってましたが、今後は15000円前後になりそうかなという印象です。シーズンでいくつもレースに出ると、結構お金かかりますね。コロナ禍なので当分は泊りがけの県外遠征はやめとくつもりですし、レースに走り回る生活は、まぁもうしないかな。

願わくば、3000円くらいで出られる、町の小さな10kmくらいのレースとか、そこそこの規模のハーフくらいが好きです。走り終わったら近くのごはん屋さんかパン屋さんに寄って、食べて帰ってくるくらいの。どうなるかなぁ。
岡山でいうと、9月の井原ぶどうの里マラソン、12月の浅口マラソン、2月の高梁マラソンあたりが好きな大会です。ぶどうは中止が決まったけれど、残り2つはどうなるかなぁ。

家庭と仕事優先でぼちぼち走ります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへにほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブ3.5)へ


この記事へのコメント

スポンサードリンク