井原マラソン(10キロ)

井原マラソンの10キロに出てきました。
42分57秒

2月に出た高梁のレースでは42分を切りましたが、10キロより短かったようなので、こっちを自分の記録としておきます。
平均ペースからすると、同程度なのでいいんですけどね。






●大会の紹介
岡山県の西の端、人口4万人ちょっとの井原市の大会です。
10キロ、5キロ、3キロ、1.5キロと短めの距離が多めで、地方の市の大会らしく、地元の小中学生が一生懸命走っていました。
例年ならハーフが岡山県の選手権を兼ねているようですが、今年は豪雨の影響で中止で、その代りに10キロが加わっていました。
確かに、競技場の横の車道は大型車通行規制があったり、会場から見える山の斜面は土砂崩れで土が見えているところもありました。

受付や更衣室なども、全体の人数が多くないので、参加人数に合ったキャパでした。

10キロのエントリーは394人。
スタートも往復車線の普通の道なので、さほど広くもないのですが、特に気にならない人数です。

●お楽しみ
参加賞はTシャツでした。スポーツウェアの生地ですので、練習着や作業着の下のインナーに使えそうです。
ゴール後は豚汁、ではなくカレーライス。給食センターで作ったものが振る舞われました。
敷地内の温水プールのチケットもついているので、ついでに泳いできました。
走った後に泳ぐ人はほとんどおらず、ゆったり泳いできました(水着と水泳帽は必須です)。


●レース
ほぼフラットなレース、という情報通りで、多少の斜面はあるもののキツさは感じませんでした。
ガーミンによると高度上昇は76m、意外にあったようですが、勾配がないのかもしれません。
3-4キロ、折返して6-7キロのあたりが住宅街を抜けて山際を走りました。

レースの人数が少ないので、特に後半はバラけてくるので、単独走行になった時、風がキツかったです。

自分のレースとしては、前半5キロが21:35で後半5キロが21:25でほぼイーブンペース。全体として4:05-4:25/キロだったので落ち着いて走れたと思います。
前半余裕があったので飛ばしそうになりましたが、仕事の忙しさもあって疲労もたまっているから、と気負わずにいけたのが良かったと思います。
それでいて最後の1キロは余力があってスパートもかけられたり、結果として自己ベストに近いタイムだったので、レースのメンタルとしては上出来でした。

42分は狙えるかもしれないけれど、40分はまだ無理だな、率直なところです。



●その他情報
受付は当日8時から9時で、10時頃から順次レーススタート、10キロは10:55スタートです。
集合時間が10分前ですが、スタート位置のすぐ横のテントで待機できます。
記録狙いの人は前の方へ、とアナウンスがあるので、その時間にいけば好きな位置から出発できます。
小さい大会ならではのいいところです。

駐車場は会場内のもありますが、7時過ぎにいっぱいになっていました。
道路規制の都合もあり、10-13時は出られません。走った後に泳ぐことが前提で無い限りはほかの場所が良さそうです。
ほかには、500mほど離れた場所の小学校1km離れた場所(シャトルバスあり)にも2箇所あります。
僕は小学校に停めましたが、7:40頃にいっぱいになりました。ただ、頻繁に車の出入りもあるので、遅めにきてもどうにかなるようです。







今シーズンは4月後半に10キロに出場します。
4月は暑さも出てくるので、タイムがどうなるのか不安で興味深くもあります。

この記事へのコメント

スポンサードリンク